前回、
猫に散歩は必要か?
についてお話させていただきました。

今回は、お散歩猫になるための<練習>についてです。
わが家のお散歩猫【eva】が、どのように練習したかについてお話ししたいと思います。

※一人暮らしの猫飼いである、わたくし【aiai】の経験に基づいた一意見です。
あくまで個人的な意見であることをご了承ください。


目次

ハーネス選び

お散歩猫<準備>でもご紹介しましたが、猫がお散歩するためのハーネスには大きくわけて
  • 胴輪タイプ
  • 洋服タイプ
の2種類があります。
実は、もう1種類あります。
  • 犬用首輪
です。
「なぜ犬用?猫用ではなく?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。
いわるゆ猫用首輪は、迷子札や家猫である目印として着けるもので、安全性を考慮して首輪がどこかに引っかかったときには首絞めになる前に外れるよう、安全バックルが使われています。
それはお散歩には使えません。
散歩中に強い力がかかったら外れてしまいますからね。
犬用の首輪はお散歩を想定して作られているので、丈夫で切れにくく、外れにくいのです。
猫用でも、お散歩用に作られた安全バックルでないものであれば、それでももちろん大丈夫ですが、需要が少ないのであまり見かけないでしょう。
サイズ選びさえ間違えなければ、犬用首輪で問題ありません。

わが家は現在、犬の首輪でのお散歩スタイルです。
7c5b54b9
リードは、こちらも犬用の伸びるリードを使用することもあれば、首輪とおそろいの伸びないリードを使うこともあります。
慣れてしまえば、犬の首輪が一番安全で楽だと思うのですが、猫も飼い主も慣れるまでは首輪では不安も多いと思います。
いろいろなサイトを見ても、首輪タイプはあまり推奨されていません。
「すっぽ抜け」や「首絞め」の危険があるからです。

正しく装着できていなければ「すっぽ抜け」はどのタイプのハーネスにも起こりますが、「首絞め」は首輪だけの危険です。
急に走り出したり、嫌がって首を抜こうとしたり、不慣れな飼い主がついリードを引っぱってしまったりすると「首絞め」になってしまいます。
慣れてしまえば、猫もそういう動きをしなくなるし、飼い主のほうも自分がどう動いたら「首絞め」にならないかがわかってくるのですが、最初は不安が大きいでしょう。

飼い猫がお散歩猫になれるかどうが、外を楽しめる子なのかを試す時点では、飼い主自身が安心できるタイプのハーネスで練習するのがいいと思います。

わが家も犬の首輪を使う前は、胸当てがついている胴輪タイプのハーネスを使っていましたので、そちらの練習風景をご紹介します。

ハーネス練習1

ハーネスの練習は、避妊手術と2回目のワクチン接種が終わってから始めました。
生後6ヶ月を少し過ぎた頃です。
まずは
  • 猫にハーネスに慣れてもらうこと
  • 自分もハーネスを正しく装着できるようになること
が目標です。

さっそくハーネス装着初日の動画をごらんください。
※音が出るのでご注意ください

嫌がっていますね。
動きが制限されて、普通に歩けません。
外したくても外し方がわからず、くるくるぴょんぴょんしてしまいます。
これを見ただけで、お散歩猫を諦めそうになりました。
とはいえ、これはまだ初日。
これだけで判断するのは早合点すぎるでしょう。
もうしばらく様子を見ます。

おそらくハーネスを嫌がる猫は多いです。
何度か試してダメそうなら、諦めも肝心です。
「災害時用にハーネスに慣れておくとよい」という意見もありますが、ケージやキャリーが用意できれば、ハーネスは必需品ではないはずです。
愛猫に無理強いをして、嫌な思いをさせて嫌われるくらいなら、潔く諦めて、別の手段を考えましょう。

ハーネス練習2

ハーネス装着にコツがあることがわかってきました。
きつすぎても、緩すぎてもダメです。
胴輪の部分は下すぎるとダメ。
慣れてしまえば多少違和感があっても動けるようになるのですが、練習の時点では違和感が大きすぎると途端に動かなくなります。
そうやって、猫も飼い主も一歩ずつ進んでいくんですね。

慣れてきたら、ハーネスを着けたままおもちゃで遊んだり、追いかけっこをしたりして、運動量を増やします。
  • 激しい動きもできるか
  • ハーネスは外れないか
をチェックしつつ、
ハーネスを着けると楽しいことがあると思わせることも重要です。

とりあえず1週間、毎日15分くらいハーネスを着けました。
すると、ハーネスを着けたまま、普通に歩くのはもちろん、
  • 高いところにジャンプする
  • 走る
  • おもちゃでじゃれて跳ぶ
  • そのまま寝る
ことも出来るようになっていきました。

どれくらいの期間で慣れるかは、個体差があるでしょう。
子猫・成猫でも違うでしょうし、ハーネスのタイプによっても違うと思います。
「どれくらいでダメなら諦めるべきか」と悩む方もいらっしゃるかもしれませんが、それは愛猫と相談するのが一番です。
本当に嫌なら、やめてあげましょう。
ハーネスのタイプや着け方が悪いだけの場合もあるので、諦めきれない場合は別のタイプのハーネスを試してみるのもひとつの手かもしれません。

リード練習

ハーネスを着けたまま、だいぶ動けるようになってきたら、次のステップはリード練習です。
猫と犬の散歩は違います!
猫のリード(手綱)は飼い主がリード(先導)するためのものではありません。
脱走しない・離れないための補助道具です。
飼い主が引っぱることはない・してはいけないということを、よく頭に叩き込んでください。

とはいえ、猫も自由に歩きたがり、リードを無視してあっちへ行ったりこっちへ行ったり。
リードをグルグルどこかへ引っかけてきてしまったり・・・ということもよくあります。
行ってはいけない場所を教えるため、リードが絡まってしまうことを避けるために、制御しなければいけない場面もあります。
それも、リードをグイ―っと引けば、猫は踏ん張って後ずさりしてハーネスを外そうとするだけです。
リードで猫を引き戻そうとするのではなく、意思伝達のためにクイッと引いて「そっちはダメ」と言葉で教えていきましょう。

「猫に人間の言葉がわかるかよ!」なんて言っているようでは、お散歩猫は難しいかもしれませんよ?
外に出ても(出るからこそ)しっかりと猫とコミュニケーションがとれないと、起こさなくていい事故を起こしかねません。
猫との信頼関係とアイコンタクトはとても重要です。

そうは言っても、最初からなにもかも出来るわけではありません。
まずはこちらの意思を伝える意味でも、言葉は有効に使っていきましょう。
猫もリードをどう扱えば快適に歩けるかを学習していきます。
一歩ずつ、一歩ずつですね。

実践を想定した練習

リードがついていることをあまり気にしないようになったら、少しだけ外へ出てみましょう。
とはいえ、
交通量や人の多い場所に連れて行くのはやめましょう。
これはなにも練習中に限ったことではありません。
猫は基本的に大きな音や大きなモノ、たくさんの人に恐怖を感じます。
楽しいはずのお散歩で恐怖を感じさせては意味がありませんから、愛猫がどのレベルまで対応できるかは、徐々にステップアップして様子を見ながら確認していきましょう。

ハーネスを着けた状態で抱っこして、外の世界を見せることからはじめてみるといいかもしれません。
そのままぐるっと家のまわりをまわって、興味を示して降りたがるようなら少し歩かせてみる。
ガタガタ震えているようであれば、無理をしないで引き返す。
そんな風に、少しずつがオススメです。
いきなりバーンと外に出て、パニックになってしまった子を何匹も知っています。
怖くてフリーズしてくれていればまだいいですが、脱走してしまった子もいます。(その後無事に捕まりましたが)
そういう子は、もともと外が苦手だったのか、手順が悪かっただけなのかはわかりませんが、どちらにしても愛猫に怖い思いをさせてしまわないように、少し手間にはなりますが、無理せずゆっくりと様子をみてあげてほしいです。

【eva】は<実践>前に、マンション外階段で練習をしました。
そのときの様子です。
※音が出るのでご注意ください

壁に囲まれているので外の景色は見えないけれど、外の空気や音は感じられます。
おどおどしていますが、外の世界の興味はありそうですよね。
動きに問題もなさそうなので、いよいよ<実践>!
お散歩猫デビューです!

まとめ

ハーネスの練習をしていることきに思ったことは、
「昨日出来たことが今日できないといことがよくある」
ということでした。
猫を長く飼っている人にとっては当たり前のことのようにわかるのでしょうが、わたしは自分で猫を飼うのは初めてで、【eva】との暮らしも半年足らずでしたから、なぜなのかわからずに悶々としました。

今ならよくわかります。
それは、
気分が乗らないだけです。

猫はとても気分で行動する生き物です。
こちらが「さあ、今日もハーネスの練習するよ!終わったらおやつあげるよ~」なんて言っても、喜んで練習したりしません。
やりたくない日はやりません。
なので焦らずに、猫のペースで練習することも意識する必要があります。

何度も言いますが、くれぐれも無理強いだけはしないでください。