猫に散歩は必要か?
についてお話します。

※一人暮らしの猫飼いである、わたくし【aiai】の経験に基づいた一意見です。
あくまで個人的な意見であることをご了承ください。

わが家の愛猫【eva】はお散歩猫です。
人間の散歩に、
  • 気分転換に近場を歩いてフラフラ
  • 乗り物に乗ってちょっと遠くまでお出かけ
  • 運動目的で寄り道はせずサクサク
など様々なスタイルがあるように、猫のお散歩スタイルも様々です。
  • 完全に自由に外を歩く
  • ハーネス・リード着用で近所を歩く
  • リュックやキャリー、カートに入ってお出かけ
猫にとってこのようなお散歩は必要なのか?
お散歩猫にするにはどうすればいいか?
について、書いていきたいと思います。


目次

猫に散歩は必要か?

家の中で飼っている猫に対して、扉を開けて自由にさせたとしたら、どうすると思いますか?

「そりゃ、外に出るでしょう」

『散歩』という概念は別として、外に行きたがる猫は少なくないのではないでしょうか。
外の空気に触れたい、テリトリーの確認をしたい、部屋の中では息が詰まる、気分転換。
猫の真意はわかりませんが、外に出ることを求めているとは言えると思います。

家から出たことがない猫の中には、外を怖がる子もいます。
病院に行く以外、外に出ることなく一生を終える猫も少なくありません。
ですから、お散歩や外に出ることが【必要不可欠】とは言えません。
嫌がる猫を無理矢理お散歩に連れ出す必要はないし、してはいけないと思います。

「外に行きたいと思っているかどうか、わからない」
というならば、選択肢を与えてもいいのではないか、というのがわたしの考えです。

外を自由気ままに散歩して、気が向いたときに帰ってくる
というのが猫本来のスタイルなのでしょうが、それはあまりにもリスクが高すぎます。
  • 事故
  • 病気
  • 迷子
  • 住居様式
などの観点からも、それは危険すぎると言わざるを得ません。
猫を外に出すのであれば、猫の安全を確保できるよう、リードやキャリー、カートなどで外に出すお散歩スタイルがよいと思います。

お散歩猫<心構え>

猫の散歩は、犬の散歩と同じではありません。

運動や排泄が目的ではなく、気分転換・テリトリーの確認の要素が強いと思われます。
サクサク歩くわけではなく、同じところにじぃーっと留まって何をするでもなく(猫本人は何かしているのかもしれませんが)長時間過ごしたりします。
「こっちへおいで」と言っても来ません。
「あっちへ行こう」と言っても行きません。
ただただ猫が行く所に、人間がついて行く。
行ってはいけない場所、やってはいけないことに対してだけ、人間が手出し・口出しをする。
それが猫のお散歩です。

外に出られることを覚えたら、毎日外に出たがります。
猫の性格にもよるでしょうが、「1週間に一度1時間」のお散歩より、「毎日15分」のお散歩を要求されると思っておいてください。
飼い主の都合だけで、行ったり・行かなかったりでは、猫には余計ストレスになるかもしれません。
「犬を飼ったんじゃないんだから、毎日散歩なんて無理だよ」と思うようなら、最初からやらないほうがいいと思います。

わたしは気軽な気持ちでお散歩を始めました。
「こちらの都合のいいときに、一緒に外で遊べるように」くらいのノリでした。
そのためには外に慣れないといけないと思って、散歩練習を始めたのですが・・・お散歩に慣れてからは毎日要求されるようになり、「こんなはずじゃなかった」と何度も思いましたよ。
今はわたしも慣れたので、『楽しみ6:義務感3:めんどくさい1』くらいの気持ちでやっていますが、付き合いきれないと思う人、実際に付き合えない人もいると思います。

一旦お散歩猫になったら、人間都合でお散歩をやめるは罪です。

それくらいの心構えで臨んでほしいと思います。

お散歩猫<準備>

お散歩猫にしよう!

そう決めたからといって、即外に出るのは危険です。
子猫の場合は、2回目のワクチン接種が終わるまでは待ちましょう。
去勢・避妊手術の予定がある子は、それが終わって傷が完治してからです。
成猫になっている場合でも、いきなり外に出てはパニックを起こして脱走してしまう危険があります。

まずは室内でハーネス(または犬用首輪)とリードに慣れさせることから始めましょう。

お散歩猫は、まだまだメジャーではありませんが、災害避難時用などとしても猫用のハーネスは数多く売られています。
大きく分けて、
  • 胴輪タイプ
  • 洋服タイプ
の2種類です。
何がいいのか、どちらが安全かは一概には言えないのですが・・・
一般的に言って、猫は洋服などが体に密着すると動けなくなってしまい、フリーズします。
歩こうとしても、コテン。とウソのように転んでしまいます。
もちろん慣れれば普通に歩くこともできますが、慣れる前に諦めてしまう猫も少なくないでしょう。
「おっとりした性格の猫で、普段から洋服を着ても全然平気~♪」という子なら、洋服タイプもオススメできますが、活動的な猫は苦労することになるでしょう。

「では胴輪タイプがいいのか」というと、これはこれで、正しいサイズ選びと正しい装着ができていないと、スルッと抜けてしまい、脱走の原因になります。
洋服に比べて動きの制限はあまりないかもしれませんが、その分よく動くので、外れやすいとも言えます。
猫の体はとてもしなやかで、とくに肩回りの関節は柔らかいので、マジックのように簡単にくぐりぬけできてしまうのです。
そのあたりをしっかり計算されて作られているものがほどんどですが、装着の仕方ひとつでその計算も台無しです。

猫がハーネスに慣れることはもちろんですが、飼い主も正しく装着してあげられるように、まずはしっかり室内で練習です!

お散歩猫<練習と実践>

わが家ではどんなハーネスを選んだか。
どんな練習をしていったか。

そのあたりの話を、
<練習と実践>として、以後の記事で紹介させていただきます。

まとめ

猫に散歩は必要か?

みなさんはどう思いましたか?

「猫が生きるために絶対に必要か?」と聞かれたら、答えはNOです。
それは人間も同じですよね。
生きる・死ぬの極端な話でないとしたら、猫にとって散歩は必要だとわたしは思います。

外の世界を見る、外の空気を吸う、外のモノに触れる

猫にもその権利はあると思うのです。
リードという制限をつけてしまう人間の勝手さはありますが、外の世界まで奪っていいのかな?とわたしは思ったのです。
犬には散歩が必要で、猫には散歩が必要ないと、誰が決めたのでしょう?
そういう性質だ、ということなのでしょうが、個体差だってあるでしょう?
だからわたしは試してみたかったのです。
経験させてあげたかったのです。
ダメなら無理強いしない。
けど、選択肢は与えてあげようと。

それが【eva】がお散歩猫になるきっかけでした。

お散歩猫は楽しいですが、いいことばかりではありません。
散歩に行くことが習慣化するし、外には危険がたくさんあります。
こうしてお散歩猫としての情報を発信している身で、事故など起こしたら・・・
「そら見たことか」「余計なことをするからだ」「言わんこっちゃない」と鬼の首でも取ったように、めちゃくちゃ叩かれるでしょう。
お散歩猫全体に非難が拡大されかねません。
そういう緊張感も常にありますが、その緊張はいい方向に働いていると思っています。

わたしは【eva】をお散歩猫にして、よかったと思っています。
いいことばかりじゃないし、面倒も多いけど。
でも、だからと言ってみんなに勧められるものでもないと思っています。
お散歩猫に関する記事は、「いいでしょ~?」「やってみたいでしょ~?」という意味ではありません。
お散歩猫にしようか迷っている飼い主さんが、これらを見て「わたしにもできる◎」と思ったらやってみてほしいし、「無理そうだな」とか「めんどくさいな」と思ったら、始める前にやめていただいきたい。
そのために書いています。

何事もそうですが、いい面だけを見ないでください。
お散歩猫にするなら、覚悟を持ってやっていただきたいと思います。
自分もできていないのに、偉そうな言い方をしてすみません。