一人暮らしで猫を飼うにあたり、
ペットモニターは必要か?
についてお話します。

※一人暮らしの猫飼いである、わたくし【aiai】の経験に基づいた一意見です。
あくまで個人的な意見であることをご了承ください。


愛猫のお留守番は、飼い主にとって大きな心配の種です。
一人暮らしでは、お留守番の時間も長くなるし、他に見てくれる人もいないので、余計に心配ですよね。
「ペットモニター、欲しい気がするけど、買っても使わなかったらもったいないし」
そんなふうに考えている人も多いのではないかと思います。

わが家はペットモニターを導入しています。
「必要かどうか」「あったら使うものか」を実際の話を交えてお話していきます。


目次

ペットモニターってどんなもの?

室内にカメラを設置して、ネット環境とスマートフォンなどを使うことで、どこにいても室内の様子をみることができます。
ネットワークカメラですので、カメラを設置する室内にはWi-Fi環境必須となります。
外出先で映像を見るための端末ももちろん必要です。
ネットにつながったスマホやタブレットに専用アプリをダウンロードして、アプリを使って映像を見たり操作したりします。
PCではそれらのことができないペットモニターが多いので、購入の際はよく確認しましょう。

これがあれば、いつでもどこでもお留守番中のペットの様子を見ることができるのです。
※当然ですが、カメラに映る範囲内にペットがいなければ「いつでも・どこでも」とはいきませんけどね。

ペットモニターって必要?

必要か、必要でないかを言えば、必ずしも必要ではないと思います。
モニターで見たからといって、基本的にはなにもしてあげられません。
話しかけたり、部屋の音を聞いたりすることはできますが、所詮はその程度。
「心配だから様子を見たい」という飼い主の安心材料としての要素が大きいです。
「不安ではない」「見ると余計にもどかしい」と思う飼い主さんには必要ないでしょう。

必要性を感じるのはどんなとき?

わが家では、ペットモニターは見たいときだけオンにします。
常にオンにしていても、猫は昼間はほとんどの時間を寝て過ごしているので動きはありません。
では、どういうときに「見たい」と思うのか。
  • いつもより帰宅が遅くなるとき
  • 愛猫の体調がすぐれないとき
  • 極端に暑い日・寒い日
  • 地震や夕立があったとき
などは、猫の様子が気になるのでオンにします。
いつも通りに寝ていれば安心しますし、動きがあれば生存確認もできます。
様子がおかしければ、急いで帰宅するというという選択もできます。

だいたいは、
【「何してるかな?元気かな?」と思って様子を見る→寝てる→安心する】という使い方です。
なくても困らないのかもしれませんが、持っていたらこんな風にして、毎日数分は様子を見てしまうものですよ。

どんなものがいい?

それはもうそれぞれお好みで。
それでは話が終わってしまうので、わたし自身が重視したポイントを挙げておきます。

  • 広角レンズ
猫は床にいることが少なく、動きも早いので、
カメラを動かすことなく、一発で全体を見渡せるほうが猫には向いていると考えました。
  • カメラを上下左右に動かす機能
これは広角レンズであればなくてもいいと思います。
広角レンズでも、どうしても死角ができてしまうので、カメラを遠隔操作動できれば、死角カバーになるかもしれません。
  • 解像度
いいに越したことはありません。
とはいえ、広角レンズで上から撮っていると顔などはほどんど見えませんから・・・動いていることが確認できればそれでいいのではないかと思います。
(ちなみにわが家は92万画素のものですが、十分満足です)
  • 暗視機能
わが家ではお留守番時は無灯なので、暗視機能は重要。
これがなかったら、夜はなにも映らないかも?
お部屋の電気を常に点灯している人には不要です。
  • 2way音声機能
部屋の音を聞くことができ、こちらから話しかけることもできます。
しかし、マイクを使って話しかけたところで「声はするけど姿が見えない」と、猫に悲しい思いをさせるのではないかと思い、わたしはほとんど使ったことがない機能です。
飼い主の声を聞いて安心するタイプの子や、不安でパニくっているようなときには使えると思います。
  • 動作感知センサーと録画機能
『動作感知センサー』とは、あらかじめ設定した範囲内で動きがあると、その数秒間を録画してスマホにアラートでお知らせが入ります。
いつ、どう動いて、どこに行ったか←を、常にモニターしていなくても録画で見ることができます。
録画機能に関しては、24時間録画していて、メモリーの上限を超えると上書きしていくものや、上記のように動作感知した時間のみ録画するタイプなど様々ありますので、好みに合わせてチョイスしましょう。

どこに設置しよう?

  • 猫がよく通る場所
  • 普段寝床にしている場所
  • フードの近く
など、様子を見たい場所、動きがわかる場所に設置するといいと思います。
広角レンズのものを買ったなら、部屋の隅のなるべく高い位置につけましょう。
カーテンレールの上くらいがいいと思います。
そのあたりに設置すると、一目で室内の大部分を見渡すことが可能になります。
高い位置ですと、電源の確保が難しくなるので、「設置したい場所でどう電源をとるか」を購入前に考えておいたほうがいいと思います。
(ちなみにわが家では、エアコン用のコンセントを利用しています)

「死角が心配」「他の部屋の様子もみたい」「食事を食べたか確認できるようにしたい」などの場合には、1台ではなく複数設置するとよいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょう?
少しは参考になりましたでしょうか?
持っていない人は欲しくなってきたでしょう?

外出先で愛猫のことが気になってソワソワしてしまうくらいなら、モニターで元気な(寝ている)姿を見て安心したほうが精神衛生上よいと、わたしはそう考えてモニターを導入しました。
導入から1年以上経ちますが、ほとんど毎日、数回はモニターでチェックしています。
evaひとりで一泊の留守番をさせたときは、不安でたまらなかったので、モニターでしょっちゅう様子を見ていました。

必要性や価値観は人それぞれですから、「絶対買ったほうがいいよ!」とまでは言いませんが、「持っててよかったな」と思うことはよくあります。


ご参考まで。
IMG_3399

IMG_3398
わが家のevaは普段は死角を好む、不良娘です♡