一人暮らしで猫を飼うのは、猫がかわいそう?
についてお話します。

※一人暮らしの猫飼いである、わたくし【aiai】の経験に基づいた一意見です。
あくまで個人的な意見であることをご了承ください。

目次

一人暮らしで猫は飼えるの?

「一人暮らしで猫が飼えるかどうか」
を本気で心配している人はあまりいないでしょう。
当然飼えます。
スペースを与えて、ごはんとお水をあげて、トイレの世話をしてあげればいいのですから、健康な大人であれば一人でも猫を飼うことはできます。


「一人暮らしでも、猫って飼えるのかなぁ?」
と心配している人がいるとすれば、それは【最低限、猫を生かす】という意味ではなく、
【経済的】【時間的】【空間的】【精神的】に満たしてあげることができるかどうかを心配しているのだと思います。

わたしは一人暮らしの猫飼いですから、「可能か、不可能か」で聞かれたら、この点でも「可能だ」と答えたいと思います。
しかしそれには飼い主になる覚悟と努力が必要であることを忘れないでください。

猫を【経済的】に満たすには

猫の飼育にかかる費用のことは、また別の記事にしようと思っているので、あまり細かなことはここには書きませんが、それほど多くはないです。
  • フード
  • トイレの消耗品
  • おもちゃ
  • ワクチンなど医療費
は毎年かかるもので、「どんなふうに飼うか」が違えば与えるフードの価格帯も変わってきますので一概には言えませんが、猫1匹を標準的なレベルで飼っているわが家の年間飼育費は5~10万円くらいのようです。
月4,000~8,000円くらいの計算です。
初年度は、避妊手術費や飼育準備のためにそろえなければいけないものがたくさんありましたから、20万円近くかかりました。

もっと抑えることはできるはずです。
もちろん、贅沢は上限なくできるはずです。

しかし「年間10万円くらい」と言うには、条件があります。
それは、猫が健康であればということです。
猫の医療費は保険が利かないので高いです。
ペット保険に入って備えるのも一つの手です。
わたしはペット保険には入っていないので、ここには書けませんが、興味のある方は調べてみてください。
猫が病気を持っていたり、病気になったり、ケガをした場合は病院へ行くことになります。
当然そのような出費も考えられるわけですから、「年間10万円だけあれば十分」というわけではありません。
保険に入るなり、自分でペット用に貯蓄するなりして、いざという時に備えなければいけません。

備えは「いくらあれば十分か」
については人それぞれ、猫それぞれです。
病院にほとんどお世話になることなく一生を終える猫もいます。
一方で、長期の治療を必要とする病気を抱えた場合には、「生涯医療費が100万円超」などということもあります。
そこまでしてあげることができなければ、治療を断念するという方法もあります。
なので、「いくらあれば十分」とは一概には言えませんが、可能な限り備えてあげたいですね。

「一人暮らしだから貯蓄ができない」
ということはないでしょう?
一人だろうが、家族がいようが、貯蓄は心がけ次第です。
「絶対に無理!」と思うのは、猫より自分が大事な証拠です。
そのような気持ちで猫を飼うのは、正直難しいと思いますので、飼う前にここで断念しておくのがいいかもしれませんね。

猫を【時間的】に満たすには

一人暮らしでは飼い主の行動にすべてがかかっています。
猫にごはんをあげて遊んであげられる人は、自分の他にいません。
飼い主が仕事中、外出中、猫はひとりでお留守番です。
一人暮らしで飼われている猫は、ひとりでいる時間がおのずと長くなるでしょう。
それを「かわいそうだ」と心配するのでしょう?
果たしてそうでしょうか。
猫はひとりでお留守番中、なにをしているかと言えば・・・ほとんど寝ています。
「つまらないから寝ているんじゃないか?」とも言えなくもないですが、猫はもともとよく寝る生き物です。
「寝子=猫」が語源とも言われているくらいで、20時間くらい寝ているそうです。
(実際はもう少し起きているように思いますが)
『飼い主が寝ている時間+仕事をしている時間』以上の時間、猫は寝ているのだから、「一人暮らしだから」と特に心配する必要はないと思います。

その分、一緒にいられる時間を大切にしたらいいのです!

「朝早くから夜遅くまで家を留守にして、家に帰るのは寝るためだけ」
のような生活をしている人に猫を飼う資格はない、とわたしは思います。
そもそも、そのような生活をしている人は猫を飼おうだなんて考えないでしょうが・・・。

猫を【空間的】に満たすには

どのような環境で一人暮らしをしているかにもよりますが、賃貸で部屋を借りていることを前提とすると、空間的には不利です。
外を自由に行き来するような飼い方は、おそらくされないでしょうから、狭い室内に閉じ込めて飼うことになってしまいます。
部屋は広いに越したことないし、部屋数は多いに越したことはないでしょう。
それだけ遊ぶ場所も居場所も増えるわけですからね。

ということは、狭い一部屋でも遊ぶ場所と居場所を増やすことができれば、猫を空間的に満たすことは可能なのではないでしょうか。
猫の性格によるところも大きいですが、基本的に猫は一ヶ所にとどまっているわけではなく、様々な場所を居場所にします。
人の近くが好きな猫もいれば、距離をとったところでくつろぐ猫もいます。
高いところが好きな猫もいれば、低いところが好きな猫もいる。
それぞれの性格に合った場所に、猫の居場所となるスペースを作ってあげることができれば、さほど不自由なく暮らしてくれるはずです。(と思いたい)
床面積には限界がありますが、空間をうまく利用して高さを出して立体的に猫の居場所となる面積を増やすことは可能です。
キャットタワーを置いたり、家具を選ぶときにも「猫が遊べるように、居場所ができるように」と意識していけば、空間はグッと広がります。

「なにもないシンプルな部屋に、猫とわたしとソファーだけ」
それでは猫も飽きてしまいますね。

それからやはり、部屋のキャパシティーに合わせた匹数で飼うべきだと思います。
一部屋でも2匹飼えるでしょう。3匹でも飼えるかもしれません。
しかし、猫にはテリトリー意識があります。
仲の良い猫同士でもいつもベッタリしているわけではないでしょう。
万が一、猫同士が仲良くなれなかった場合は?
距離が取れない同じ空間に相性の悪い相手と常に一緒にいたら、人間だっておかしくなってしまいますよね。
一部屋では限界があります。
エゴと理想だけでは猫は飼えません。

猫を【精神的】に満たすには

これはもう、
飼い主が気にかけてあげること
その一言に尽きます。
猫の性格を見極めて、どうすればよりよい生活ができるのかを常に試行錯誤していくべきです。
「パーフェクトな環境ができたから、これで一生安泰」なんてことはありません。
子猫から成猫、老猫へと体が変化していくのに合わせて、フードはもちろん、生活も変えていく必要があります。
体調の変化にもいち早く気付いてあげること。
遊んでほしそうにしていたら遊んであげる。
寝ているなら静かにしてあげる。
そんなふうに日々の些細なことから、猫の一生に至るまで、常に気にかけてあげることが大事だと思っています。

猫とは言葉が交わせません。
目を見て、態度を見て、「こう思ってるのかな」と推測することしかできません。
なので、全部を自分の都合のいいように捉えてしまうこともできます。
猫の飼育に限ったことではありませんが、
偏った見方をしないよう、あらゆる角度から物事を見ることが大事だと思います。

猫を精神的に満たすには、まず自分が精神的に満たされること・余裕を持つことではないでしょうか。

まとめ

一人暮らしで猫を飼うのは、猫がかわいそうか。

不利な点は確かにあります。
一番の懸念は、
自分のミスは誰もカバーしてくれない
ということです。

自分が突然死んでしまったら?
窓を閉めるのを忘れて、家を出てしまったら?
真夏にエアコンをつけずに留守番させてしまったら?

「すべて猫の死に直結する」くらいの緊張感をもっていないといけません。
誰もミスをカバーしてくれないのだから、まずはミスをしないこと!
人間は完璧ではありませんから、それでもミスを犯すことはあるでしょう。
そのときにどう対処するか。
どう保険をかけておくか。
そういうことも大事になってくると思います。

しかし、逆に有利な点もあると思うのです。
パートナーや家族に費やす時間を、一人ならすべて猫に費やすことができるのですから。
時間だけでなく、お金も、愛情も、です。

自分中心だった一人暮らしの生活を、猫優先の生活に切り替えることができるかどうかが大事です。

一人で全部やって、一人で全部責任を背負って、一生懸命飼われている『一人暮らしの家の猫』を、それでもあなたは「かわいそう」だと思いますか?
11134c9c